ホーム > 教育・文化 > 文化・スポーツ > 文化振興 > 緞帳デザイン「紅」-BENI-の決定について

緞帳デザイン「紅」-BENI-の決定について

緞帳デザイン 
 山形銀行様から寄贈の申し出をいただいた大ホール緞帳のデザインが決定し、いよいよ製作が開始されます。
 
 デザイナーは、フェラーリのデザインなどを手がけた奥山清行さん(山形市出身)。タイトルは「紅」-BENI-山形を象徴する「紅花」と「自然」をモチーフに、赤をメインテーマカラーとして郷土の過去・現在・未来が色鮮やかに表現されました。
 
 月山の雪や絹などの白から、紅花の黄色が太陽のごとく光り、それが染料に純化された真紅は東北の祭りや秋の収穫を表し、オシドリやアケビやもってのほかの紫に溶け込んでいきます。
 
 製作者はオリエンタルカーペット(山辺町)であり、世界に誇る山形緞通のぼかし技術があってこそ実現可能なデザインとなっています。
 
◎平成30年7月24日に山形銀行長谷川頭取、オリエンタルカーペット渡辺社長よりデザイン決定と製作開始の報告を受けました。
デザイン報告
 
 
◎平成29年10月5日に長谷川頭取から寄贈品目録が贈呈されています。(こちらのページ
 
 
 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 平成30年9月4日掲載

関連情報