ホーム > 教育・文化 > 文化・スポーツ > スポーツ > 中山公園野球場のネーミングライツ契約更新に係る基本条件の合意

中山公園野球場のネーミングライツ契約更新に係る基本条件の合意

山形県では、企業と行政の連携による県有施設の有効活用により歳入を確保し、利用者サービスの維持・向上のため施設命名権を導入しています。

平成29年4月1日からの中山公園野球場(所在地:東村山郡中山町大字長崎5081番)の施設命名権(ネーミングライツ)について、現ネーミングライツスポンサーの株式会社荘内銀行様・日新製薬株式会社様と契約更新に係る基本条件について合意しました。

引き続き、“荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた”(荘銀・日新スタジアム)をよろしくお願いします。

1 ネーミングライツスポンサー(命名権者) 〔2社共同〕

株式会社荘内銀行

会社概要

代表者

代表取締役頭取 上野 雅史

本社所在地

山形県鶴岡市本町一丁目9番7号

事業内容

銀行業 
預金業務、貸出業務、内国・外国為替業務ほか

日新製薬株式会社

会社概要

代表者

代表取締役社長 大石 俊樹

本社所在地

山形県天童市清池東二丁目3番1号

事業内容

医薬品製造業 
医薬品、医薬部外品、食品の製造・販売

2 基本条件

契約期間

平成29年4月1日から平成32年3月31日まで(3年間)

※平成23年4月1日から通算3期目の契約

契約金額

1年当たり 500万円(消費税及び地方消費税は別途)

3 施設の名称

荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた

略称

荘銀・日新スタジアム

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 平成29年3月13日掲載

関連情報