ホーム > 教育・文化 > 教育・学校 > 中学校 > 「2017青少年のための科学の祭典in山形」を開催しました

「2017青少年のための科学の祭典in山形」を開催しました

 

子どもたちをはじめ広く県民のみなさんを対象に、科学技術への理解や関心を深めてもらうことを目的として「2017青少年のための科学の祭典in山形」を開催しました。

 

1 日時

平成29年8月5日(土) 10時から16時

2 場所

霞城セントラル1階~4階(山形市城南町1-1-1)≪アトリウム、山形県産業科学館、大会議室≫

3 開催内容

※2017年の会場の様子はこちら(PDF形式1.4MB)

2017科学の祭典ポスターサムネイル 

(PDF形式0.8MB)

  • 出展団体・ブース概要

No.団体名タイトルブース内容
1事務局空気砲を打ち上げよう!巨大な空気砲で煙の輪っかを飛ばそう。正時毎に空気砲を打ち上げるよ。各回先着10名。
2アイジー工業株式会社不思議な液体ペットボトルの中に液体があります。そのペットボトルを振ってみると、液体が不思議な事に!
3山形サイエンスラボカードライト薄いカードサイズのケースとLEDで懐中電灯をつくりましょう。
4山形サイエンスラボ欲張ると入れたジュースが空に!ジュースをコップに注いでください。でも、欲張ってたくさん入れると、あらあら不思議。全部、ジュースが下の入れ物にこぼれてしまいます。
5山形大学SCITAセンター学生スタッフ入浴剤をつくろう!お風呂で遊べるしゅわしゅわの入浴剤をつくってみよう!
6山形県立山形工業高等学校
環境システム科
くるくる万華鏡二枚の偏光板の間をセロハンテープを重ね張りしたフィルムを通すことで、平板状の万華鏡を実現します。
7株式会社チノー山形事業所ペットボトルで温度計をつくろう!ペットボトルなどの身近な物を使って、温度計を作ろう!温度の変化が、目で見えるよ!どんな仕組みになっているのかな?
8株式会社ハッピージャパンミシンで刺繍(ししゅう)をしてみよう針と糸を使って布に文字や描くことを刺繍(ししゅう)といいます。ミシンを使ってししゅうを体験してみよう。
9山形県立山形東高等学校科学部ちいさなエネルギーでうごくおもちゃをつくろう!【こえでうごくおもちゃ】と【ホバークラフト】をつくります。
10やまがたメイカーズネットワーク未来を担う3Dプリンター・ロボット(マイクロマウス)を体験しよう!3Dプリンターによる工作、実演、展示を行います。3Dプリンターのしくみを知って魅力を体験します。また、ロボット(マイクロマウス)のデモを行います。
11やまがたメイカーズネットワーク今、話題の電動義手(HACKberry)を体験しよう!電動義手の部品製作、組立てを実演します。完成した電動義手を体験します。電動義手のしくみを知って魅力を体験します。
12公益財団法人山形県産業技術振興機構有機ELを体験しよういろんな有機ELの光を見てみよう。自分の力で有機ELを点灯させたり、光の三原色を体験できるよ。
13一般社団法人山形県発明協会第75回全日本学生児童発明くふう展 恩賜記念賞と特別賞作品「第75回全日本学生児童発明くふう展」で恩賜記念賞と特別賞を受賞した作品についての動画DVD放映。山形県からの入選作品の展示。
14やまがた「科学の花咲く」プロジェクト クラゲマイスタークラゲふれあいコーナー
いろんなクラゲの魅力を知ろう!
実際に触ってみるクラゲタッチやクラゲと一緒に写真撮影、またクラゲの生活環やいろんな種類のクラゲについて、クラゲマイスターが楽しく展示解説します。
15独立行政法人国立高等専門学校機構鶴岡工業高等専門学校キラキラ写真を撮ろう!!
-光の不思議-
キラキラ写真が撮れるカメラ用シートを工作しよう!!
16事務局タッチで反射神経競技会産業科学館4階科学アイテム「タッチで反射神経」をつかって、ペアで得点を競うよ。参加賞もあります。参加受付①10:00~、②13:00~。各回先着50組。
17どくとーるMINと仲間たち金メッキをしようかんたんな方法で、銅に金メッキをします。
18やまがた「科学の花咲く」プロジェクト スライムマイスターのび~るスライムをつくろう山形大学のスライムマイスターが、スライムの原料をまぜるところから、遊び方までていねいに教えます。どこまでのびるか挑戦してみよう!
19ゼオンケミカルズ米沢株式会社芳香剤をつくろう私たちの生活に密着する香料を使って、お気に入りの芳香剤をつくろう。
20山形県立上山明新館高等学校 科学・バイテク・食品加工部上山明新館高校 工作ひろば紙飛行機にヒモをつけてまわしてみよう。うまく飛ばすことができるかな?キラキラ万華鏡で不思議な模様を眺めよう!
21公益財団法人日本科学技術振興財団放射線ってなに?~霧箱で放射線を見てみよう~シャーレ、ドライアイス、懐中電灯等を使って、小型霧箱を作ります。目で見ることのできない放射線を、霧として観察してみよう!
22山形県立山形南高等学校生物・科学部スライムをつくって遊ぼう!スライム製作。
23山形県立博物館3D写真をつくろう①航空写真や化石の写真を実体視し地形や化石の形を観察する。②デジタルカメラで3D写真を撮影し、プリントアウトして観察する。
24山形県立山形中央高等学校生物部ちいさな生きものにふれてみようハムスターの土の中のおうちや、手でさわれる元気で大きなザリガニ、毒が無いように育てたイモリ、おとなしい純粋培養したアルゼンチンのゴキブリを用意しました。
25山形県立山形中央高等学校化学部消えたりあらわれたり!!
妖怪カードをつくろう
水と空気の屈折率差で水中で姿が消えたり、またあらわれたり、色が変わったり戻ったりする妖怪カードを作りながらそのしくみを考えよう。
26山形県立山形中央高等学校生物部&化学部妖怪のタコを飛ばそう小さな子でも5分で作れ、あるいてもあがるタコをつくろう。
27やまがた「科学の花咲く」プロジェクト 蔵王マイスター鳴らせ!ピーピー鳥笛!牛乳パックを再利用し、紙笛をつくる。
28サイエンスインストラクターいつも身近にDNA!
1000倍モデルをつくろう
DNAの1000倍モデルをつくる。
29サイエンスインストラクターあなたもライト兄弟!模型飛行機用のゴムを使って真上に上昇するヘリコプターをつくってみよう。

 ※内容は予告なく変更になる場合があります。予めご了承ください。

趣旨:

2017青少年のための科学の祭典in山形の特別企画として実施する。
山形県産業科学館科学アイテム「タッチで反射神経」を用いて、各ペアの反射神経を競う。

会場:霞城セントラル(山形市城南町1-1-1)
    山形県産業科学館4階 たんけん科学ランド 「タッチで反射神経」

開催日:平成29年8月5日(土)

参加資格:2人一組であれば、どなたでも参加可能

参加費:無料

参加方法: 

 
午前の部
午後の部
参加申込受付期間
当日10:00~11:00
当日13:00~14:00
参加申込定員人数
先着50ペア
先着50ペア
参加申込方法
参加申込受付期間中に会場受付にて申し込む。
競技時間
11:00~12:30
14:00~15:30

・競技は受付番号順に実施する。

・競技ペアが不在の場合は最後に競技するものとし、次の受付番号のペアが競技する。

・不在等により競技時間内に競技を開始できない競技ペアは失格とする。

・参加申し込みは競技時間ごとに1ペア1回限りとする。ただし、組合せが異なる場合は1人2回まで参加可能とする。

競技ルール:

・通常の山形県産業科学館運営環境において、「タッチで反射神経」を実施する。

・競技は競技者本人が2名で行う。

・競技者本人のいずれか1人がスタートボタンを押し、競技を開始する。

・服装は自由だが、素手で競技するものとする。

表彰:

特賞
金賞
銀賞
銅賞
得点区分
99
90~98点
80~89点
70~79点
副賞
金メダル(大)
金メダル
銀メダル
銅メダル

※ 参加者全員に豪華粗品あり

4 参加人数

延べ 8,196人

2016青少年のための科学の祭典in山形 開催状況 

 日時:平成28年8月6日(土) 10時から16時

場所:霞城セントラル1階~4階(山形市城南町1-1-1)≪アトリウム、山形県産業科学館、大会議室、視聴覚室≫

参加人数:延 約6,300名

内容:県内の科学教育関係機関・団体や高校、企業が科学実験や工作のブースを出展しました

※「2016青少年のための科学の祭典in山形」ポスターはこちら (PDF形式0.6MB)

※2016年の会場の様子はこちら (PDF形式 1.3MB)

主催

◎青少年のための科学の祭典in山形 実行委員会
 (構成)山形大学、山形県産業科学館、山形県中小企業団体中央会、一般社団法人山形県発明協会、山形県教育委員会、山形県

◎公益財団法人日本科学技術振興財団

 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ