ホーム > 教育・文化 > 教育・学校 > 生涯学習 > 「2018青少年のための科学の祭典in山形」を開催します!

「2018青少年のための科学の祭典in山形」を開催します!

 

子どもたちをはじめ広く県民のみなさんを対象に、科学技術への理解や関心を深めてもらうことを目的として「2018青少年のための科学の祭典in山形」を開催します。

 

1 日時

平成30年8月5日(日) 10時から16時

2 場所

霞城セントラル1階~4階(山形市城南町1-1-1)≪1階アトリウム、山形県産業科学館の2~4階、3階大会議室、3階視聴覚室≫

3 開催内容

risize 2018 科学の祭典_A5チラシ_3.jpg 

(PDF形式0.8MB)

  • 出展団体・ブース概要

   後日掲載します、もうしばらくお待ちください。

 

  • サイエンスショー 

   大阪の人気テレビ番組にも出演されている山田善春先生による楽しいサイエンスショーが行われます。

   どなたさまもご覧いただけます。

 

趣旨:

2018青少年のための科学の祭典in山形の特別企画として実施する。
山形県産業科学館科学アイテム「タッチで反射神経」を用いて、各ペアの反射神経を競う。

会場:霞城セントラル(山形市城南町1-1-1)
    山形県産業科学館4階 たんけん科学ランド 「タッチで反射神経」

開催日:平成30年8月5日(日)

参加資格:2人一組であれば、どなたでも参加可能

参加費:無料

参加方法: 

 
午前の部
午後の部
参加申込受付期間
調整中
調整中
参加申込定員人数
先着50ペア
先着50ペア
参加申込方法
参加申込受付期間中に会場受付にて申し込む。
競技時間
調整中
調整中

・競技は受付番号順に実施する。

・競技ペアが不在の場合は最後に競技するものとし、次の受付番号のペアが競技する。

・不在等により競技時間内に競技を開始できない競技ペアは失格とする。

・参加申し込みは競技時間ごとに1ペア1回限りとする。ただし、組合せが異なる場合は1人2回まで参加可能とする。

競技ルール:

・通常の山形県産業科学館運営環境において、「タッチで反射神経」を実施する。

・競技は競技者本人が2名で行う。

・競技者本人のいずれか1人がスタートボタンを押し、競技を開始する。

・服装は自由だが、素手で競技するものとする。

表彰:

特賞
金賞
銀賞
銅賞
得点区分
99
90~98点
80~89点
70~79点
副賞
金メダル(大)
金メダル
銀メダル
銅メダル

 

2017青少年のための科学の祭典in山形 開催状況 

 日時:平成29年8月5日(土) 10時から16時

場所:霞城セントラル1階~4階(山形市城南町1-1-1)≪アトリウム、山形県産業科学館、大会議室、視聴覚室≫

参加人数:延 約8,2名

内容:県内の科学教育関係機関・団体や高校、企業が科学実験や工作のブースを出展しました

※「2017青少年のための科学の祭典in山形」ポスター (PDF形式0.8MB)

※2017年の会場の様子の写真 (PDF形式 1.4MB)

主催・共催

【主催】やまがた科学・産業体験実行委員会
(構成)山形大学理学部、慶應義塾大学先端生命科学研究所、鶴岡工業高等専門学校、山形県工業会、山形県産業科学館指定管理者、山形県産業科館

    一般社団法人山形県発明協会、山形県商工労働部工業戦略技術振興課、山形県教育庁義務教育課、山形県教育庁高校教育課

【共催】公益財団法人日本科学技術振興財団

 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 平成30年7月9日

関連情報