ホーム > 教育・文化 > 教育・学校 > 教育委員会 > 山形県教育、学術及び文化の振興に関する施策の大綱と第6次山形県教育振興計画

山形県教育、学術及び文化の振興に関する施策の大綱と第6次山形県教育振興計画

山形県教育、学術及び文化の振興に関する施策の大綱及び第6次山形県教育振興計画は次のとおりです。

山形県教育、学術及び文化の振興に関する施策の大綱と第6次山形県教育振興計画

山形県教育、学術及び文化の振興に関する施策の大綱

 地方教育行政の組織及び運営に関する法律が改正され、平成27年4月1日から施行されることに伴い、全ての地方公共団体の長は「教育等の振興に関する大綱」を策定することとされました。

 本県では、平成27年5月18日に開催された第1回山形県総合教育会議において知事と教育委員会が協議を行い、同日付けで「山形県教育、学術及び文化の振興に関する施策の大綱」が策定されています。

 

◆ 大綱の概要

 ・地方教育行政の組織及び運営に関する法律第1条の3の規定に基づき策定

 ・本県の教育、学術及び文化の振興に関する施策の基本的な方針を定める

 ・計画期間は平成27年度から平成31年度までの5年間

 

        「山形県教育、学術及び文化の振興に関する施策の大綱」は、こちらからダウンロードできます(PDF 3.9MB)

第6次山形県教育振興計画

 県教育委員会では、社会や経済の変化に対応し、政府の教育改革や施策の動向を踏まえた本県の教育行政の方向性を示すため、平成27年5月18日に「第6次山形県教育振興計画」を策定しました。

 

◆ 計画の概要 

  ・教育基本法第17条第2項に規定する「地方公共団体における教育振興基本計画」としての位置づけ
  ・今後おおむね10年間を通じて目指す本県教育の姿を示す
  ・この「目指す本県教育の姿」を踏まえ、今後5年間(平成27年度から平成31年度まで)に総合的かつ計画的に取り組む主要な施策の方向性と具体的な取組み及びその推進工程を示す

 

        「第6次山形県教育振興計画」の詳細につきましては、こちらをご覧ください

 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ