ホーム > 教育・文化 > 教育・学校 > 高等学校 > 【教育庁総務課】公立高等学校の授業料と就学支援金・学び直し支援金

【教育庁総務課】公立高等学校の授業料と就学支援金・学び直し支援金

1 高等学校等就学支援金について

  • 国の法改正に伴い授業料の制度が変更され、平成26年度の入学生から、原則として授業料や受講料を納付していただくことになりました。
  • ただし、高等学校等就学支援金制度により、保護者等の所得が一定未満の場合は、申請して、県の認定を受けることで、授業料や受講料の納付が不要になります。
  • なお、この制度は、平成26年度入学生から適用となります。
  • 平成26年3月以前から引き続き高等学校等に在学の生徒は、これまでの不徴収制度が適用されます。

 

※制度改正に関する詳しい内容はこちら(文部科学省へリンク

2 申請等について

 ①平成30年度入学予定の生徒の皆様

  • 就学支援金制度の詳細は次のリーフレットをご覧ください。

 

  リーフレット(PDFファイル 596KB)

 

  • 具体的な手続き等については、学校の入学者オリエンテーション等でご説明します。
  • 学校が定める期限(4月上旬)までに申請していただくこととなります。

 

 ②現在受給している在校生の皆様

  • 学校が定める期限(毎年6月~7月頃)までに届出が必要となります。
  • 別途、学校からご連絡します。

3 その他

  • このほか、高等学校を中途退学した方が、学び直しのため、公立高等学校に再入学した場合、学び直し支援金が支給され、授業料や受講料に充てることのできる制度もあります。
  • 詳しくは、在学する公立高等学校にお問い合わせください。

 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 2017-11-14更新
  • 2017-06-28更新
  • 2017-03-03更新
  • 2016-11-30更新
  • 2016-06-17更新
  • 2016-03-15更新
  • 2015-11-25更新
  • 2015-06-25更新
  • 2015-03-18更新
  • 2015-01-27更新
  • 2014-07-01更新
  • 2014-03-24掲載

関連情報