ホーム > 教育・文化 > 教育・学校 > 小学校 > 学校における子どものアレルギー疾患対策について

学校における子どものアレルギー疾患対策について

 
~学校における子どものアレルギー疾患対策~

 

  アレルギー疾患については、平成27年12月25日より「アレルギー疾患対策基本法」が施行され、社会的にも大きな課題として取り上げられています。学校においても、児童生徒のアレルギー疾患への対応は、その有病者数の増加に伴い、重要課題の一つとなっています。特に食物アレルギー対応については、管理職の指揮の下、危機管理の一環としての対応が求めらております。重度のアレルギー疾患の児童生徒がいない学校でも、いつ誰がおこるかわからない危機に備え、校内研修を実施すると共に、体制を整備していく必要があります。

 

 

山形県児童生徒のアレルギー疾患有病者状況(PDF:88.9KB)

 

 

<学校用資料他>

 

1 学校全体としての体制づくり (PDF:347.4KB)

 

2 個別取組プランを作成しての実践(PDF:215.9KB)

 

 <食物アレルギーの場合> 

  (1)食物アレルギー調査…様式1(1・2)(PDF:73.9KB)

  (2)面談記録用紙…様式2(PDF:125.5KB)

   (3)食物アレルギー個別取組プラン…様式3(PDF:137.7KB)

 

 

3 緊急時対応

 

 <緊急時の適切な対応のための参考資料>

 ※緊急時対応の校内研修時にも活用ください。

 

  (1)食物アレルギー対応でのアクションプラン(行動計画)(PDF:265.1KB)

    ・ 第一発見者カード(名札ケース用)(PDF:401.0KB)

     ・ 本部アクションカード(PDF:75.4KB)

     ・ 現場アクションカード(PDF:90.2KB)

 

   (2)食物アレルギー緊急時個別対応カード…様式4(PDF:167.7KB)

 

 

4 文部科学省ホームページで公開させているアレルギー疾患対応資料

    http://www.mext.go.jp/a_menu/kenko/hoken/1353630.htm

 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ