検索結果

木造薬師如来立像 (もくぞうやくしにょらいりゅうぞう)


名称(事業名) 木造薬師如来立像
ふりがな もくぞうやくしにょらいりゅうぞう
指定区分 県指定文化財 彫刻
指定年月日 平成5(1993)年 7月 30日
所在地(市町村) 朝日町大字新宿
所有者(実施団体名) 朝日町新宿区
概要
(活動状況等)
本像は頭・体部を通して、カツラの一材から彫出した一木割矧造で、漆箔を施し、彫眼である。
頭部は螺髪(らほつ)切子形で、肉髻珠(にっけいしゅ)・白毫(びゃくごう)はあらわさない。右肩・右腕を覆う偏衫(へんざん
)の上に、衲衣(のうえ)を偏袒右肩(へんたんうけん)に着している。垂下する左腕は掌を上にして薬壺をとり、右腕は屈臂(くっぴ)し、掌を外にして立て5指を開き、やや右足先を開いて直立の形をとっている。
地方仏師の手によって、平安後期に造顕されたものと考えられる。
(像高100.0㎝)
問い合わせ先 見学の際、事前連絡必要

公開の有無:無