検索結果

旧矢作家住宅 (きゅうやはぎけじゅうたく)


名称(事業名) 旧矢作家住宅
ふりがな きゅうやはぎけじゅうたく
指定区分 国指定文化財 建造物
指定年月日 昭和44(1969)年 12月 18日
所在地(市町村) 新庄市大字泉田字往還東460
所有者(実施団体名) 新庄市
概要
(活動状況等)
 桁行16.2m、梁間7.5m、寄棟造、茅葺である。
 矢作家については資料がなく、住宅の建造年代など明らかでない。建物の規模から一般農家とみられ、構造手法は18世紀中ごろと推定されている。
 建物は、主屋から桁行5.3m、梁間5.7mの馬屋中門を突き出した片中門造である。正面入母屋造、茅葺で、間取りは、広間型3間取りの平面である。
 矢作家住宅は、県下における片中門造の一典型であり、現在知られている中門造の中では、最も古式な構造手法をみることができる。
問い合わせ先 新庄ふるさと歴史センター
4月~11月のみ公開 

公開の有無:有
Tel:0233-22-2188