検索結果

金峯神社本殿 (きんぼうじんじゃほんでん)


名称(事業名) 金峯神社本殿
ふりがな きんぼうじんじゃほんでん
指定区分 国指定文化財 建造物
指定年月日 平成13(2001)年 11月 14日
所在地(市町村) 鶴岡市青龍寺字金峯1
所有者(実施団体名) 金峯神社
概要
(活動状況等)
 この本殿は、棟札や古文書によると、慶長13年(1608年)に最上義光を大檀那として、前身の建物を改造して再建されたと考えられる。その後、元文元年(1736年)、明和5年(1768年)、大正11年(1922年)に修理、元文元年の修理で柿葺(こけらぶき)から銅板葺にし、内部床の新設、内陣回りの金具類の新調などが行われた。
 木造、桁行正面1間、背面3間、梁間2間、一重もこし付、入母屋造、もこし正面中央間向唐破風造、両側面及び背面囲い付属つきである。附として棟札6枚が指定を受けている。
 もこし付詰組の禅宗様仏殿形式を基本としながら、身舎をいわゆる神社本殿の形式を採用する特異な構成とし、向唐破風造としたもこし正面の扱いも類例がなく、近世初期の建築として意匠的にも、また東北地方の数少ない修験道遺構として、貴重なものである。
問い合わせ先 期間限定での公開

公開の有無:有
ホームページ:金峯神社本殿