検索結果

板絵著色神馬図 郷目貞繁筆 永禄六年九月奉納の記がある (いたえちゃくしょくしんめず ごうのめさだしげひつ えいろくろくねんくがつほうのうのきがある)


名称(事業名) 板絵著色神馬図 郷目貞繁筆 永禄六年九月奉納の記がある
ふりがな いたえちゃくしょくしんめず ごうのめさだしげひつ えいろくろくねんくがつほうのうのきがある
指定区分 国指定文化財 絵画
指定年月日 昭和43(1968)年 4月 25日
所在地(市町村) 天童市大字山元2205-1
所有者(実施団体名) 若松寺
概要
(活動状況等)
 横長の板5枚をはぎ合わせた奉額に、黒の烏帽子と白装束の神人が、神馬(しんめ)を曳いている図で、左上方に、墨書銘がある。
 永禄2年(1559年)に死別した妻の菩提を弔うため、同6年(1563年)9月18日、自ら描いて若松観音堂に奉納したものである。
 この絵馬は、妻女をなくし、老境に達してからの作品と思われるが、神馬の躍動する表現の筆力は、なみなみならぬ画才を思わせる。
(縦163cm、横182.5cm)
問い合わせ先 事前連絡が必要

公開の有無:有
ホームページ:板絵著色神馬図 郷目貞繁筆 永禄六年九月奉納の記がある