検索結果

絹本著色阿弥陀三尊像 至大二年の年記がある (けんぽんちゃくしょくあみださんそんぞう しだいにねんのねんきがある)


名称(事業名) 絹本著色阿弥陀三尊像 至大二年の年記がある
ふりがな けんぽんちゃくしょくあみださんそんぞう しだいにねんのねんきがある
指定区分 国指定文化財 絵画
指定年月日 昭和48(1973)年 6月 6日
所在地(市町村) 米沢市丸の内1-4-13
所有者(実施団体名) 上杉神社
概要
(活動状況等)
 中央に阿弥陀如来、向かって右に観音菩薩、左に勢至菩薩が配され、各尊の下方に脇侍が侍っている。顔は柔和なわが国の仏画と異なり、吊り目で爪は長く伸びている。三尊像とも同じ形式で描かれている。
 阿弥陀の蓮座の下に、「至大己酉」の文字が見える。「至大」は中国の年号で、「己酉」から、この製作年は、わが国の鎌倉時代の花園天皇在位2年目の年である、延慶2年(1309年)と確定できる。
 その後、どのような経緯で上杉家に伝わったものか、その伝来については全く不明である。
(各幅共 縦148cm、横77cm)
問い合わせ先 上杉神社
期間限定での公開

公開の有無:有
Tel: 0238-22-3189