検索結果

木造弥勒菩薩及び諸尊像   附 弥勒菩薩像像内納入品 (もくぞうみろくぼさつおよびしょそんぞう つけたり みろくぼさつぞうぞうないのうにゅうひん)


名称(事業名) 木造弥勒菩薩及び諸尊像   附 弥勒菩薩像像内納入品
ふりがな もくぞうみろくぼさつおよびしょそんぞう つけたり みろくぼさつぞうぞうないのうにゅうひん
指定区分 国指定文化財 彫刻
指定年月日 平成1(1989)年 6月 12日
所在地(市町村) 寒河江市大字慈恩寺31
所有者(実施団体名) 本山慈恩寺
概要
(活動状況等)
 五仏ともヒメコマツを材質とし、素木造(しらきづくり)で、彫眼である。彩色は頭髪などに群青、眼球を墨描き、口唇に朱をさすなど最小にとどめている。また像の構造や彫技などからみて、同一の仏師の手によるものである。
 弥勒菩薩の胎内には、宝篋印陀羅尼経・般若心経・理趣経などの写経や、民衆の勧進結縁を示す印仏などが、多数納入されていた。印仏は、地蔵・不動明王・降三世明王の各像にも納められていた。
 この像は、像容から密教の尊像であるが、この五仏の構成は、国内において例をみないものである。
(像高 弥勒菩薩坐像98.4cmp、釈迦如来坐像52.0cm、地蔵菩薩坐像51.6sm、不動明王立像94.7cm、降三世明王立像101.3cm)
問い合わせ先 公開の有無:無
ホームページ:木造弥勒菩薩及び諸尊像   附 弥勒菩薩像像内納入品