検索結果

太刀 銘 助宗 附革柄革包太刀拵 上杉景勝所用 (たち めい すけむね つけたりかわつかかわつつみたちこしらえ うえすぎかげかつしょよう )


名称(事業名) 太刀 銘 助宗 附革柄革包太刀拵 上杉景勝所用
ふりがな たち めい すけむね つけたりかわつかかわつつみたちこしらえ うえすぎかげかつしょよう 
指定区分 国指定文化財 工芸品
指定年月日 昭和2(1927)年 4月 25日
所在地(市町村) 米沢市丸の内1-4-13
所有者(実施団体名) 松岬神社(上杉神社)
概要
(活動状況等)
 鎬造(しのぎづくり)、丸棟、腰反り高く中鋒(ちゅうぎっさき)である。鍛は小板目をよくつんでいる。刃文は中直刃、足入っている。帽子は小丸である。彫物は表・裏に棒樋を掻き流している。茎(なかご)は生ぶである。先は栗尻、鑢目(やすりめ)筋違、目釘穴は1つである。
 革包太刀拵は、柄の黒塗りの鮫皮を着せた上に藍韋巻(あいかわまき)とし、鞘は黒塗りの皺革で包み、渡巻を柄と同じ藍韋巻としている。金具は赤銅磨地に、竹に雀紋を毛彫で表している。鐔(つば)は銅の木瓜(もっこう)形につくり、覆輪(ふくりん)と大切羽は、赤銅磨地に竹に雀紋を毛彫にしている。
鎌倉時代
(長さ77.5cm、反り2.8cm)
問い合わせ先 上杉神社
期間限定での公開

公開の有無:有
Tel:0238-22-3189