検索結果

太刀 銘 備前国長船兼光 延文元年十二月 日 (たち めい びぜんのくにおさふねかねみつ えんぶんがんねんじゅうにがつ ひ)


名称(事業名) 太刀 銘 備前国長船兼光 延文元年十二月 日
ふりがな たち めい びぜんのくにおさふねかねみつ えんぶんがんねんじゅうにがつ ひ
指定区分 国指定文化財 工芸品
指定年月日 昭和27(1952)年 3月 29日
所在地(市町村) 上山市矢来4-6-8
所有者(実施団体名) (公財)蟹仙洞
概要
(活動状況等)
 鎬造(しのぎづくり)、庵棟(いおりむね)、反りやや浅く、中鋒(ちゅうぎっさき)延びている。鍛(きたえ)は小板目つみ、地沸(じにえ)つき、地景が入り、乱れ映り立っている。刃文は湾(のた)れに互の目交じり、匂口締りごころに小沸ついている。帽子は乱込み、表は尖りごころ、裏は小丸となって、やや長く返っている。
 彫物は、表に二筋樋・梵字・八幡大菩薩の文字、裏に二筋樋・梵字・三鈷剣を重ねて彫っている。茎(なかご)は先を切りつめ、鑢目(やすりめ)は勝手下り、目釘穴は2つある。
 姿は身幅が広く、鋒が延び、刃文は湾(のた)れに
互の目を交えるなど、兼光の作風をよく示したもので、出来も優れている。
 南北朝時代
(長さ68.1cm、反り1.9cm)
問い合わせ先 (財)蟹仙洞

公開の有無:無
Tel:023-672-0155