検索結果

日向洞窟 (ひなたどうくつ)


名称(事業名) 日向洞窟
ふりがな ひなたどうくつ
指定区分 国指定文化財 史跡
指定年月日 昭和52(1977)年 2月 17日
所在地(市町村) 高畠町大字竹森字姥ケ作山3163ほか
所有者(実施団体名) 高畠町ほか
概要
(活動状況等)
 米沢盆地の北東端、白竜湖の北東に位置する。日向の集落から東北へ約0.6km、標高240mのブドウ畑が南面する丘陵の麓に、長年の風雨による浸蝕、風化作用による4ヵ所の格好な凝灰岩からなる自然の洞窟や岩陰がある。
 西から第Ⅳ岩陰、第Ⅰ洞窟、第Ⅱ洞窟、第Ⅲ岩陰が1列に並んでおり、通称「日向洞窟」と呼ばれているのは、第Ⅰ洞窟である。
 その第Ⅰ洞窟の入口は、真南に開口しており、入口の高さ1.5m、幅4m、奥行9.5mである。洞窟内中央部の断面は台形状をしており、天井は奥に入る程、低く狭くなっている。平面床のプランは瓢箪(ひょうたん)状をしており、入口前庭部はテラス状に広がっている。
問い合わせ先 高畠町教育委員会社会教育課

公開の有無:有
ホームページ:日向洞窟