検索結果

米沢藩主上杉家墓所 (よねざわはんしゅうえすぎけぼしょ)


名称(事業名) 米沢藩主上杉家墓所
ふりがな よねざわはんしゅうえすぎけぼしょ
指定区分 国指定文化財 史跡
指定年月日 昭和59(1984)年 1月 11日
所在地(市町村) 米沢市御廟
所有者(実施団体名) 個人
概要
(活動状況等)
米沢城の西1.5kmに位置し、杉木立に囲まれた中にある。初めは城内御堂の避難所であったが、初代藩主景勝が亡くなった後に、東西109m、南北181mの墓域を設定して、位牌を祭った。入母屋造りの廟殿の中に、石造五輪塔を据え、周囲に小石を敷き詰めた御霊屋として7代まで続いた。隠居した9代藩主治憲(鷹山)の時、養父8代藩主重定の遺骸を火葬せず土葬とし覆屋を宝形造りとした。以後11代まで、この形式を踏襲している。
問い合わせ先 上杉家管理事務所

公開の有無:有
Tel:0238-23-3115