検索結果

一ノ坂遺跡 (いちのさかいせき)


名称(事業名) 一ノ坂遺跡
ふりがな いちのさかいせき
指定区分 国指定文化財 史跡
指定年月日 平成9(1997)年 7月 28日
所在地(市町村) 米沢市矢来一丁目1051ほか
所有者(実施団体名) 米沢市土地開発公社ほか
概要
(活動状況等)
 米沢市街の西部にあり、近くには館山城をはじめ、縄文時代の遺跡、中世の館・廃寺跡・塚等も分布している。御成山を中心とする丘陵北側の山麓台地に位置し、標高257~260mである。。
 遺跡の総面積は1万6000平方mであり、縄文前期初頭の遺跡である。
 この遺跡で最も注目されるのは、長さ43.5m、幅3.85~4.20mの長大な竪穴で、ロングハウスとも呼ばれている。この周囲にはほぼ1m間隔で柱穴が並び、内部から6ヵ所で地床炉(じしょうろ)が検出された。そして、床面やその下より200万点の石器や剥片が出土している。中でも両尖亡首(あいくち)・石銛(せきせん)石匙(いしさじ)・石鏃(せきぞく)が主体の、石器製作の工房跡である。
問い合わせ先 米沢市教育委員会教育管理部文化課

公開の有無:有
ホームページ:一ノ坂遺跡
Tel:0238-21-6111