検索結果

飛島ウミネコ繁殖地 (とびしまうみねこはんしょくち)


名称(事業名) 飛島ウミネコ繁殖地
ふりがな とびしまうみねこはんしょくち
指定区分 国指定文化財 天然記念物
指定年月日 昭和13(1938)年 12月 14日
所在地(市町村) 酒田市飛島字勝浦乙
所有者(実施団体名) (酒田市)
概要
(活動状況等)
 飛島本島の西方1.6kmの御積島(おしゃくじま)は、オオウシノケグサ等が密生しており、ウミネコの主な繁殖地となっている。この他、飛島港東南部の館岩・百合島や、烏帽子群島の盲島・西ノ島にも営巣がみられる。
 ウミネコは、日本周辺のみにみられるカモメの仲間で、青森県蕪島・宮城県江島列島等数少ない場所のみで繁殖する。
 飛島には、11月から2月にかけて飛来、5月中旬から産卵が始まり、6月上旬にふ化がみられる。7月上旬にはほとんどの幼鳥は巣立ち、8月には島を離れる。
 飛島への飛来数は、かつては1万羽余りといわれたが、戦時中に激減した。しかし、昭和30年(1955年)頃は5千羽、現在は飛島本島でも繁殖するようになり、1万5千羽以上は飛来するようである(平成9年調査)。
問い合わせ先 公開の有無:有