検索結果

旧山形師範学校講堂 (きゅうやまがたしはんがっこうこうどう)


名称(事業名) 旧山形師範学校講堂
ふりがな きゅうやまがたしはんがっこうこうどう
指定区分 県指定文化財 建造物
指定年月日 平成10(1998)年 5月 6日
所在地(市町村) 山形市緑町2-2-8
所有者(実施団体名) 山形県
概要
(活動状況等)
旧山形師範学校講堂は、国の重要文化財に指定されている格調高い意匠の本館と、同じ敷地に隣接して建っている。
建物は木造平屋建、屋根切妻造桟瓦葺、基礎布切石、一部段積、外壁は下見板張ペンキ塗で、妻の一部は漆喰塗、内部床面は板張、天井格天井、窓は東面中央にアーチ窓を、その左右は上げ下げ窓、東面妻部に庇をつけ、正面入口としている。
東西両妻部にみられる切妻形飾破風、東面庇部柱の柱頭、庇屋根にみられる持送り、瓔珞(ようらく)等、本館の意匠とも同巧で、明治33、34年(1900~01年)頃、同時期の建築と思われる。
改変されている部分もありながら、なお創建時の面影を伝えている貴重な建築である。
問い合わせ先 公開の有無:有