検索結果

紙本墨画普化禅師像 瀬田掃部筆 雲居禅師賛 (しほんぼくがふけぜんじぞう せたかもんひつ うんきょぜんじさん)


名称(事業名) 紙本墨画普化禅師像 瀬田掃部筆 雲居禅師賛
ふりがな しほんぼくがふけぜんじぞう せたかもんひつ うんきょぜんじさん
指定区分 県指定文化財 絵画
指定年月日 昭和31(1956)年 5月 11日
所在地(市町村) 酒田市浜田
所有者(実施団体名) 個人
概要
(活動状況等)
普化禅師は、中国唐時代に、鈴を振って諸国を遊行し、衆生を教化した僧で、江戸時代の虚無僧の半僧・半俗の遊行民は、この普化禅師を開祖とし、鈴を尺八に替えて普化僧といった。本図の普化僧は薄墨の柔かな法衣と、濃い鋭い筆力の線描が調和して趣がある。
普化禅師の絵の図上に、雲居希膺(1582~1659年)の賛がある。
縦75.7cm、横21.3cm
問い合わせ先 公開の有無:有