検索結果

紙本墨画曽根原魯卿叙別図 福原五岳筆 (しほんぼくがそねはらろけいじょべつず ふくはらごがくひつ)


名称(事業名) 紙本墨画曽根原魯卿叙別図 福原五岳筆
ふりがな しほんぼくがそねはらろけいじょべつず ふくはらごがくひつ
指定区分 県指定文化財 絵画
指定年月日 昭和31(1956)年 5月 11日
所在地(市町村) 酒田市御成町7-7
所有者(実施団体名) (公財)本間美術館
概要
(活動状況等)
 酒田出身の曾根原魯卿が、20歳の明和6年(1769年)に、病で帰郷することになり、福原五岳から送別の餞として贈られた作品である。
 人物が相対し、親しげに語りあい、杯を交わしている。琴を抱えているのが七絃琴の名手魯卿、盃を持っているのが酒好きだった五岳で、親密な交わりが伝わってくる作である。
 絵は池大雅のもとで学んだ筆描・構画を取り入れて描いたと思われるが、人物画に秀でた五岳の作品中で、出色の出来栄えである。
さらに五岳が、「(印)一酌新知亦旧知、即今相別耐相思、明年江上梅開日、再問茅堂濁酒巵 送別 曽魯郷賢兄 五岳元素拝(印)(印)」の賛を添えている。
縦75.8㎝、横27.2㎝
問い合わせ先 期間限定での公開

公開の有無:有
ホームページ:紙本墨画曽根原魯卿叙別図 福原五岳筆
Tel:0234-24-4311