検索結果

紙本淡彩清河八郎像 藤本鉄石筆 (しほんたんさいきよかわはちろうぞう ふじもとてっせきひつ)


名称(事業名) 紙本淡彩清河八郎像 藤本鉄石筆
ふりがな しほんたんさいきよかわはちろうぞう ふじもとてっせきひつ
指定区分 県指定文化財 絵画
指定年月日 昭和31(1956)年 5月 11日
所在地(市町村) 庄内町清川字上川原37
所有者(実施団体名) (公財)清河八郎記念館
概要
(活動状況等)
 この図は、文久2年(1862年)4月初旬清河八郎が、京都挙兵策を、大坂の薩摩屋敷にいる同志と計った時に、その時居合わせた藤本鉄石が八郎を描いた肖像画で、八郎自筆の賛がある。
威儀を正しく端座した清河八郎を描いたこの図は、鉄石46歳の作で、精緻な淡彩をほどこした筆遣いと、微妙な陰影法による写実的で、清河八郎を知る優品である。
 右肩に鉄石は、「友人吉備真金写」と書き記し、図上には、八郎の自賛があり、「芻蕘子」と「正明」の二印を押している。尊王攘夷の同志として、終生かわらぬ友情を、鉄石の画と八郎の賛にみることができる。
縦129.8㎝、横60.0㎝
問い合わせ先 (公財)清河八郎記念館

公開の有無:有
ホームページ:紙本淡彩清河八郎像 藤本鉄石筆