検索結果

紙本墨画米点山水図 岡田半江筆 (しほんぼくがべいてんさんすいず おかだはんこうひつ)


名称(事業名) 紙本墨画米点山水図 岡田半江筆
ふりがな しほんぼくがべいてんさんすいず おかだはんこうひつ
指定区分 県指定文化財 絵画
指定年月日 昭和32(1957)年 3月 1日
所在地(市町村) 山形市大手町1-63
所有者(実施団体名) (公財)山形美術館
概要
(活動状況等)
米点山水とは、宋時代の米?・米友仁父子が創始した画法で、山肌に茂った樹本を水墨の点描で表現する。米法山水ともいい、明時代に文人画家の間で再評価され、湿潤な江南の風景を描くのに用いられた。この図において半江は、水墨の濃淡によって空気遠近法のような効果を生み、さらには山容にけぶる雲烟を見事に描出している。
左上の画賛は「生計不算水旱憂、耕耘託在一毫頭、千畝紙田無賦税、満山豊雨自家秋」
の七言絶句。「庚寅春月、半江田肅写并題」の落款から、天保元年(1830年)の作とわかる。
縦134.8㎝、横38.2㎝
問い合わせ先 山形美術館
期間限定での公開
見学の際、事前連絡必要

公開の有無:有
ホームページ:紙本墨画米点山水図 岡田半江筆
Tel:023-622-3090