検索結果

紙本淡彩老松孔雀図 松村景文筆 (しほんたんさいろうしょうくじゃくず まつむらけいぶんひつ)


名称(事業名) 紙本淡彩老松孔雀図 松村景文筆
ふりがな しほんたんさいろうしょうくじゃくず まつむらけいぶんひつ
指定区分 県指定文化財 絵画
指定年月日 昭和34(1959)年 4月 11日
所在地(市町村) 酒田市楢橋
所有者(実施団体名) 個人
概要
(活動状況等)
 画面いっぱいに老松に止まる孔雀を描いた作品。付立技法で表した孔雀は、姿態把握も正確で、景文の写生の確かさが認められる。
 右下から左上に老松の太い幹を配し、そこに孔雀と上尾筒(玉羽)を交叉させ、画面
分ける斜めの構図は、図案的であるが、景文が多用したもの。景文には年記を伴う作品が
少ないが、本図は充実した製作ぶりから、壮年期の作と考えられる。景文の花鳥画の特徴が遺憾なく発揮された作品である。
 「景文寫」の落款と、「源景文印」・「士藻」の二印が押される。
  縦173.0cm、横92.7cm
問い合わせ先 公開の有無:有