検索結果

紙本墨画芦雁図 郷目貞繁筆 (しほんぼくがろがんず ごうのめさだしげひつ)


名称(事業名) 紙本墨画芦雁図 郷目貞繁筆
ふりがな しほんぼくがろがんず ごうのめさだしげひつ
指定区分 県指定文化財 絵画
指定年月日 昭和34(1959)年 6月 26日
所在地(市町村) 河北町大字溝延407
所有者(実施団体名) 個人
概要
(活動状況等)
墨絵で、芦雁一羽が描かれてある。その芦雁画の巻止めのところに、次の墨書がある。
山城国下京四条町山陰中将宗高ノ末、藤原朝臣小原与太郎安常送進、弘治三年(1557年)二月廿七日、實相坊
上の小原安常は、狂言太夫であり、天文10年(1541年)と同23年(1554年)に、慈恩寺本堂へ板額を奉納している。寒河江へ来遊ののち、京から実相坊あてに、この芦雁画を送ってきたものと思われる。
右の墨書銘は、郷目貞繁が画技をみがくために、京都へ遊学したことを、裏付けるもの
である。
図の左方に、郷目貞繁が常に用いる朱文の鼎印が捺されている。
縦58.2cm、横44.5㎝
問い合わせ先 公開の有無:有