検索結果

紙本墨画葡萄栗鼠図 宮本武蔵筆 (しほんぼくがぶどうりすず みやもとむさしひつ)


名称(事業名) 紙本墨画葡萄栗鼠図 宮本武蔵筆
ふりがな しほんぼくがぶどうりすず みやもとむさしひつ
指定区分 県指定文化財 絵画
指定年月日 昭和34(1959)年 12月 4日
所在地(市町村) 天童市一日町1-4-1
所有者(実施団体名) (公財)出羽桜美術館
概要
(活動状況等)
 本図は細長い画幅の右上に葡萄を配置し、ここから垂れ下がったつるに、一匹の栗鼠がたわむれている様を描いている見事な墨画である。栗鼠の姿は、くるりと向きを変えた、その一瞬の動きを見事に把えたものである。
 画幅の下半分は、大きな空白であるが、上部の葡萄、中ほどの栗鼠とのバランスは、まことに絶妙である。下方の右端に、宮本武蔵の2個の印章が押してある。
 剣豪宮本武蔵筆と伝えられる遺作は少なくないが、本画はその中でも、伝来の確実な1点とされている。
葡萄と栗鼠を画題とする絵は、中国南宋の院体派の花鳥画から派生した水墨画といわれるが、宮本武蔵のこの絵には、彼独特の禅の心が表れているとして、貴重視されている。
縦126.5㎝、横46.5㎝
問い合わせ先 公益財団法人出羽桜美術館
期間限定での公開

公開の有無:有
ホームページ:紙本墨画葡萄栗鼠図 宮本武蔵筆
Tel:023-654-5050