検索結果

紙本著色松鷲梅孔雀図 熊代熊斐筆 六曲屏風 (しほんちゃくしょくまつにわしうめにくじゃくず くましろゆうひひつ ろっきょくびょうぶ)


名称(事業名) 紙本著色松鷲梅孔雀図 熊代熊斐筆 六曲屏風
ふりがな しほんちゃくしょくまつにわしうめにくじゃくず くましろゆうひひつ ろっきょくびょうぶ
指定区分 県指定文化財 絵画
指定年月日 昭和37(1962)年 4月 6日
所在地(市町村) 山形市大手町1-63
所有者(実施団体名) (公財)山形美術館
概要
(活動状況等)
 沈南蘋による南蘋派の花鳥画は、濃密な彩色による華麗なものが多いが、この屏風は、金地に墨だけで描かれており、金と黒の世界が醸し出す、豪壮で重厚な雰囲気に満ちている。この点から名称も、紙本著色を紙本金地墨画とすべきであろう。
 右隻には爛漫たる花をつけた梅樹と雌雄一対の孔雀が、細密な筆で描写され、春の風情が漂う。左隻には雄勁な筆致で老松とつがいの鷲、岩に打ち寄せる波、今にも飛び立たんとする鷲の眼光が鋭く描かれている。左・右の画面に動と静、緩と急の対照が、絶妙に表現されている。
各縦154.0㎝、横357.0㎝
問い合わせ先 山形美術館
期間限定での公開
見学の際、事前連絡必要

公開の有無:有
ホームページ:紙本著色松鷲梅孔雀図 熊代熊斐筆 六曲屏風
Tel:023-622-3090