検索結果

油彩山形市街図 高橋由一筆 (ゆさいやまがたしがいず たかはしゆいちひつ)


名称(事業名) 油彩山形市街図 高橋由一筆
ふりがな ゆさいやまがたしがいず たかはしゆいちひつ
指定区分 県指定文化財 絵画
指定年月日 昭和52(1977)年 8月 19日
所在地(市町村) 山形市旅篭町3-4-51
所有者(実施団体名) 山形県
概要
(活動状況等)
高橋由一は、山形県の初代県令三島通庸の委嘱を受けて、明治14年(1881年)と17年(1884年)に山形を訪れ、三島県令が推進した新道開発や上木工事を記録した。特に明治14年(1881年)には、明治天皇を迎えての栗子山隨道完成式にも列席した。また、山形の写真師菊地新学が、建築や道路を撮影して献納した写真をもとに、この油彩画を描いたと考えられている。
中央正面にあるのが、三島の命で建設された山形県庁。木造3層の洋風建築で、明治10年(1877年)11月に落成した。右側に師範学校・警察本部、左側に博物館などが建ち並ぶ。
このハイカラな街路に、荷馬や農夫・商人・ご婦人らが、旧態依然たる姿で往来している様は、幻想的な情景を生み出している。
縦104.4㎝、横151.1㎝
問い合わせ先 公開の有無:有