検索結果

木造不動明王及び二童子立像 (もくぞうふどうみょうおよびにどうじりゅうぞう)


名称(事業名) 木造不動明王及び二童子立像
ふりがな もくぞうふどうみょうおよびにどうじりゅうぞう
指定区分 県指定文化財 彫刻
指定年月日 平成12(2000)年 5月 2日
所在地(市町村) 寒河江市大字慈恩寺31
所有者(実施団体名) 本山慈恩寺
概要
(活動状況等)
 時代は鎌倉時代末期。中尊不動像は両眼を大きく見開き、上歯で下唇をかみ、口の両端に下向きの牙をあらわし、右手に三鈷剣を握り、左手に索を持っている。
 この像には、制咤迦(せいたか)童子(像高48.7㎝)と矜羯羅(こんがら)童子(像高49.0㎝)が、脇侍として付属しているが、両像とも後世の修理が原形を変えている。
(像高93.5㎝)
問い合わせ先 公開の有無:有
ホームページ:木造不動明王及び二童子立像