検索結果

木造阿弥陀如来立像(位牌堂安置) (もくぞうあみだにょらいりゅうぞう(いはいどうあんち))


名称(事業名) 木造阿弥陀如来立像(位牌堂安置)
ふりがな もくぞうあみだにょらいりゅうぞう(いはいどうあんち)
指定区分 県指定文化財 彫刻
指定年月日 平成10(1998)年 9月 4日
所在地(市町村) 鶴岡市新海町22-5
所有者(実施団体名) 安国寺
概要
(活動状況等)
本像は、金泥を塗り、玉眼を嵌入(かんにゅう)している。頬の微妙な起伏のある肉づけや、着衣の波状のへりの扱いなどに、かなり写実性が意識されている。頭部はやや過大で肩幅が狭く、プロポーションに伸びやかさが欠け、腹部や臀部のふくらみも弱い。また、肉髻(にっけい)部が低く、ほとんど地髪部との区別がつきにくくなっている。
製作時期は、鎌倉後期(13世紀後半)頃に位置づけられる。
(像高97.6㎝)
問い合わせ先 公開の有無:有