検索結果

木造阿弥陀如来坐像 (もくぞうあみだにょらいざぞう)


名称(事業名) 木造阿弥陀如来坐像
ふりがな もくぞうあみだにょらいざぞう
指定区分 県指定文化財 彫刻
指定年月日 平成14(2002)年 11月 5日
所在地(市町村) 鶴岡市陽光町11
所有者(実施団体名) 極楽寺
概要
(活動状況等)
木造、漆箔、彫眼。肉髻珠(にっけいしゅ)・白毫(びゃくごう)は水晶である。寄木造で、面幅の広い丸顔や温和な目鼻立ち、ゆるやかな曲面による身体構成、彫の浅い整然とした衣文など、平安時代末期(12世紀後半)の様式をよく留めている。また、県内の平安時代の仏像のうちでも、立石寺根本中堂の薬師如来(重要文化財)に匹敵するくらいの大きな仏像である。
(像高107.2㎝)
問い合わせ先 公開の有無:有