検索結果

お達磨のサクラ (おだるまのさくら)


名称(事業名) お達磨のサクラ
ふりがな おだるまのさくら
指定区分 県指定文化財 天然記念物
指定年月日 昭和27(1952)年 4月 1日
所在地(市町村) 中山町達磨寺
所有者(実施団体名) 中山町
概要
(活動状況等)
中山町達磨寺地区から1.3kmほど南東方向の須川沿いにあるサクラの巨樹群で、樹齢600年以上と推定される、3本の見事なエドヒガンの老木である。
そのうち最大のものは、根周り7.7m、幹囲5.7m、高さおよそ12mもある巨樹である。しかし、昭和30年(1955年)の火災や老化のため、主幹は樹皮のみ残して空洞化しているが、工夫しながら保護を行っているため、枝張りはなお健在を保っている。
他の2本は、根周り5.7m、幹囲4.4m、高さ14mのものと、根周り6.1m、幹囲5.2m、高さ15m、いずれも県内有数の太さを誇るエドヒガンの老木でありながら、いまなお枝ぶりもよく、均整がとれており、樹勢旺盛である。
問い合わせ先 公開の有無:有