検索結果

旧農林省蚕糸試験場新庄支場蚕種冷蔵室及び蚕種保護室 (きゅうのうりんしょうさんししけんじょうしんじょうしじょう さんしゅれいぞうしつおよびさんしゅほごしつ)


名称(事業名) 旧農林省蚕糸試験場新庄支場蚕種冷蔵室及び蚕種保護室
ふりがな きゅうのうりんしょうさんししけんじょうしんじょうしじょう さんしゅれいぞうしつおよびさんしゅほごしつ
指定区分 国登録文化財 建造物
指定年月日 平成25(2013)年 3月 29日
所在地(市町村) 新庄市十日町字上トウメキ6000-1
所有者(実施団体名) 新庄市
概要
(活動状況等)
 昭和9年に農林省蚕業試験場福島支場新庄出張所として設立され、同12年に蚕糸試験場新庄支場と改称された。広大な敷地の正面に庁舎を構え、左右に蚕種検査及び催青発蛾促進室と蚕種冷蔵室及び蚕種保存室を配し、庁舎の後方に4棟の蚕室を並べ、各棟を渡り廊下で連結する。庁舎は正面中央に切妻屋根の玄関ポーチを構え、執務室を備えていた。蚕室は、建築面積300㎡規模の木造2階建で、内部に養蚕のための広い空間をもち、暖房を用いた春秋蚕の飼養なども行った。また、一部に桑の葉を貯蔵するための地下室も備えている。各棟をつなぐために縦横に配された渡り廊下は、外壁で囲まれており積雪地域らしい工夫がみられる。たま庁舎前面にはスクラッチタイル貼の表門と塀が風格ある正面構えを構成している。山形県内における蚕糸業の発展を支えた蚕糸試験場設立期の主要施設が良好に保存されており、現在は新庄市の施設として活用されている。
問い合わせ先 新庄市教育委員会社会教育課

公開の有無:有
Tel:0233-22-2111