検索結果

旧高畠鉄道高畠駅本屋及びプラットホーム (きゅうたかはたてつどうたかはたえきほんやおよびぷらっとほーむ)


名称(事業名) 旧高畠鉄道高畠駅本屋及びプラットホーム
ふりがな きゅうたかはたてつどうたかはたえきほんやおよびぷらっとほーむ
指定区分 国登録文化財 建造物
指定年月日 平成28(2016)年 8月 1日
所在地(市町村) 高畠町大字高畠1574
所有者(実施団体名) 高畠町
概要
(活動状況等)
高畠鉄道は大正11 年に営業開始,昭和49 年に廃止された。当地域は高畠石と呼ばれる黄土色の凝灰(ぎょうかい)岩の産地で,高畠駅の主要施設にこの高畠石が用いられた。
 昭和9年に建設された駅本屋は,外壁の柱型や,開口部に用いるアーチ積,屋上手摺(てすり)などに洋風意匠を見せる。また
床や天井には鉄筋コンクリートを用いた混構造で,地方における鉄筋コンクリート造の初期の事例としても価値が高い。
 変電所や自動車修繕庫等とあわせて登録された。
問い合わせ先 高畠町教育委員会社会教育課 
公開は外観のみ。

写真提供:高畠町教育委員会

公開の有無:有
Tel:0238-52-4472