ホーム > 知事室 > 知事メッセージ > 談話・コメント・訓示 > 談話・コメント・訓示 2017年 > 「道の駅米沢」の登録について 知事コメント

「道の駅米沢」の登録について 知事コメント

知事室タイトル

 

平成29年11月17日

 
 本日、国土交通省において、本県と米沢市が整備を進めている「道の駅米沢」が「道の駅」に登録されました。

 

 このことは、本県にとって大変喜ばしいことであり、国土交通省をはじめ関係機関の皆様には、計画から登録まで大変ご尽力いただき、厚くお礼申し上げます。

 

 「道の駅米沢」は、本県で21番目の「道の駅」であるとともに、地域活性化の拠点となる優れた企画があるとして、国土交通大臣から“重点「道の駅」”に選定されたものであります。今月4日に開通した東北中央自動車道の米沢中央ICに隣接し、福島県から山形県に入る南のゲートウェイとして、また地域活性化の拠点として、現在、平成30年春のオープンを目指し、整備を進めているところです。
 
 また、本「道の駅」は、県全体の観光情報を発信する総合観光案内機能を備え、インバウンド観光に対応できるよう英語で対応可能なスタッフが常駐するとともに、地域の特産や魅力を紹介するなど地域産業振興の拠点となる施設であり、今後、地域の発展に大きな効果をもたらすものと大いに期待しているところです。
 
 県としましても、「道の駅米沢」の機能を十分に発揮させることで、観光振興や地域活性化など、置賜地域にとどまらず本県全体の「やまがた創生」の実現に繋がるよう、引き続き、置賜地域の市町と連携して取り組んでまいります。
 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 29年11月17日掲載