ホーム > 知事室 > 知事メッセージ > 談話・コメント・訓示 > 談話・コメント・訓示 2020年 > 株式会社大沼の閉店について 知事コメント

株式会社大沼の閉店について 知事コメント

知事室タイトル

 

令和2年1月27日

 
 株式会社大沼は、新体制のもと、経営再建に向け取り組まれていたところでありましたが、26日(日)をもって営業を停止することを報道で知り、突然のことでたいへん驚いております。
 
 詳しい状況については、現在確認中でありますが、株式会社大沼は老舗百貨店として、県都山形市の中心市街地の核となる施設であり、従業員の雇用の問題、テナントや県内取引先、さらには地元の七日町商店街への影響等が懸念されますので、次のような対策を講じることといたします。

 ①従業員の相談窓口の設置(県雇用対策課)
 ②取引先等の相談窓口の設置(県中小企業振興課)
 ③山形県商工業振興資金 経営安定資金第2号の適用
 ④セーフティネット保証制度1号(大型倒産発生により影響を受けている中小企業者)の大臣指定を政府に要請

 県としましては、山形市やハローワーク等関係者と十分に連携しながら、しっかりと取り組んでまいります。
 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 2年1月27日掲載