ホーム > 知事室 > 知事メッセージ > 談話・コメント・訓示 > 談話・コメント・訓示 2020年 > 一般国道47号「高屋防災」並びに一般国道112号「山形中山道路」の新規事業化の決定について 知事コメント

一般国道47号「高屋防災」並びに一般国道112号「山形中山道路」の新規事業化の決定について 知事コメント

知事室タイトル

 

令和2年3月31日

 
 本日、国土交通省から一般国道47号「高屋防災」並びに一般国道112号「山形中山道路」の新規事業化の決定が公表されました。
 
 これもひとえに官民一体となって取り組んできた成果であり、御尽力をいただいている国会議員、県議会議員、沿線市町村長並びに地元の方々等、関係する皆様に改めて敬意を表しますとともに、国土交通省をはじめ関係の方々に深く感謝申し上げます。
 
 一般国道47号「高屋防災」は、地域高規格道路 新庄酒田道路の「新庄古口道路」と「高屋道路」を結び、豪雨や大雪による通行止め等の課題の解消や、物流の効率化及び観光交流の推進等に寄与するものと期待しております。
 
 また、一般国道112号「山形中山道路」は、山形市と共に生活圏を形成する近隣の寒河江市、山辺町、中山町を結び、通勤・通学・買い物等の日常生活を支えるとともに、圏域内の経済活動においても非常に重要な役割を担うものと期待しております。
 
 これらの道路整備は、暮らし、産業・経済、地域社会の各分野における県勢発展の基盤となるものであり、今般、策定しました「第4次山形県総合発展計画」の基本目標である「人と自然がいきいきと調和し、真の豊かさと幸せを実感できる山形」の実現につながるものと確信しております。
 
 県としましては、地方負担分として、事業費全体の約3分の1を財政負担するほか、周辺道路等の整備を進めてまいりますとともに、幹線道路ネットワークが1日も早く完成するよう、県民の皆様とともに取り組んでまいります。
 
 
 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 2年3月31日掲載