ホーム > 補助・助成・融資 > 健康・福祉・子育て > 山形県自殺対策推進センターの開設について

山形県自殺対策推進センターの開設について

山形県自殺対策推進センターの設置の背景 

 山形県の自殺対策は、市町村や民間支援団体とともに、県精神保健福祉センターや各保健所において、心の健康に関する相談や年齢や抱えている課題に対応した事業など、様々な取組みを行っております。

 山形県の自殺の現状は、平成18年の381人をピークに年々減少傾向にあり、平成27年は243人となりましたが、人口10万人あたりの自殺者数は21.7人で、全国平均の18.4人と比べると依然として高い状況にあります。

 こうしたことから、地域の状況に応じた自殺対策を総合的かつ効果的に推進するための拠点として、県精神保健福祉センター内に、「山形県自殺対策推進センター」を本年9月1日に開設いたしました。

 自殺対策推進センターでは、地域の自殺対策の中核となる市町村が行う事業の実施の支援やNPOなどの民間団体、警察、学校、医療機関などの関係機関との連携強化などに取り組み、自殺を防ぐ体制を構築していきたいと考えております。

山形県自殺対策推進センターの概要

■名称

  山形県自殺対策推進センター

■場所

  山形県精神保健福祉センター内(山形市小白川町二丁目3-30) 電話023-624-1217

■設置の目的

 地域の状況に応じた自殺対策を総合的かつ効果的に推進するための拠点として、市町村への支援や地域の自殺の実態把握、関係機関の連携強化などに重点的に取り組み、「誰も自殺に追い込まれることにない社会の実現」を目指す。

■主な業務内容

 ○ 自殺の実態把握と効果的な対策の企画・実施

    自殺の実態を広く収集し多角的に分析、市町村等へ情報を提供

  ○ 気づき見守る人材を育成

    心のサポーターを養成する人材の育成

 ○ 県民への啓発・周知

    各種広報媒体を活用した啓発、相談窓口の紹介

 ○ 当事者への支援

    専門性の高い相談支援、自死遺族支援

 ○ 関係機関の機能強化及び連携の強化

    各種相談窓口や医療等の専門機関の職員に対するスキルアップのための研修、事例検討、情報交換の実施

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ