ホーム > 補助・助成・融資 > 健康・福祉・子育て > 三世代家族 写真・エピソードコンテスト 応募作品のご紹介

三世代家族 写真・エピソードコンテスト 応募作品のご紹介

3世代コンテストバナー

 

山形県では、子育てを家族の絆で支え合う暮らしの促進に向けたPRの一環として、山形県の特色である三世代同居の良さを見直していただくきっかけとするために、写真・エピソードを募集いたしました。

 

【テーマ】   三世代家族で暮らすシアワセ

【募集期間】  平成27年5月1日~5月31日

【応募総数】  写真部門 47作品  エピソード部門 20作品

 

この度のコンテストでは、写真部門へ47作品、エピソード部門へ20作品と、短期間での募集にもかかわらず、たくさんの御応募をいただきましてありがとうございます。

 

応募いただいた作品は、審査員の第1次審査により写真部門・エピソード部門のそれぞれから20作品ずつを入選作品として選出。この各20作品から、吉村知事による最終審査の結果、最優秀賞1作品と優秀賞2作品が決定され、平成27年6月27日~28日に山形国際交流プラザにて開催された「子育て応援団すこやか2015」にて、表彰式とパネル展示を実施いたしました。

 

それでは、最優秀賞および優秀賞に選ばれた作品を御紹介いたします。

なお、全応募作品をこちらの特設HPにてご紹介しています。

写真部門

最優秀賞 「我が家の最年少と最年長」 投稿名:須藤良子

最優秀賞「我が家の最年少と最年長」 

[写真にまつわるエピソード]
息子は庭を眺めてて、ババちゃんは息子の写真を真剣に見てる所です。
家族で一番の仲良し二人組の後ろ姿がなんだか可愛くて思わず撮ってしまいました。 

 
優秀賞 「将棋対決」  投稿名:浅岡美幸

優秀賞「将棋対決」
[写真にまつわるエピソード]

小学校に入ってから将棋を覚えた息子。
週末、じいちゃんと対決するのを楽しみにしています。
じいちゃんは一切手加減しないので、まだ一度も勝ったことがありません。
何とか一勝をもぎ取ろうと必死です。

 

優秀賞  「小さな監督」  投稿名:お米

優秀賞「小さな監督」 

[写真にまつわるエピソード]
今年の田植えのひとコマです。2人の差は80 才ですが、小さな監督に激励されて元気に田植えをしました。
早く、お手伝いしてほしいなあ・・・。 

エピソード部門

最優秀賞 「一番の味方」 (PDF 240KB)  投稿名:ここママ

 

優秀賞 「骨好き?」 (PDF 70.3KB)  投稿名:せす


優秀賞 「おかあさんの弁当」 (PDF 79.4KB)  投稿名:人生前進あるのみ

 

審査員

 【第一次審査】
  特定非営利活動法人やまがた育児サークルランド  代表  野口 比呂美
  株式会社ヨシダラボ  代表取締役  吉田 大作
  山形県子育て推進部長  飛塚 典子
 
 【最終審査】
  山形県知事  吉村美栄子
 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 平成27年7月23日掲載

関連情報