ホーム > 補助・助成・融資 > 健康・福祉・子育て > 「発達障がい」に関する相談窓口

「発達障がい」に関する相談窓口

1 「発達障がい」とは

 「発達障がい」には、自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障がい、注意欠陥多動性障がい(ADHD)、学習障がい(LD)などがあります。
 原因はまだよくわかっていませんが、脳機能の障がいと考えられています。できるだけ早く障がいに気づき、適切な支援を開始することが大切です。
 
・厚生労働省パンフレット「発達障害の理解のために」(PDF 696.5KB) 
 
 

2 どこに相談したらよいのでしょうか。

 「発達障がい」ではないかと心配なとき、また、「発達障がい」のある方が生活場面などで困難を生じたときには、本人や家族だけで悩みを抱え込まず、身近な相談窓口に相談してみましょう。
 

まずは身近な相談窓口に相談してみましょう。

 
 
発達相談イメージ図  
 

(1) 乳幼児期 : 母子保健・療育・保育 

 母子保健担当窓口では、乳幼児健診、発達相談など保健師のフォローが行われます。
 福祉担当窓口(家庭児童相談や、児童発達支援及び放課後等デイサービスなど児童福祉サービスを利用する際の窓口)については上記にご相談ください。
 
通っている保育所や幼稚園
 集団場面での行動の様子も聞いてみましょう。保護者と保育士や幼稚園教諭との共通理解のもとで、家庭と園とでの連携した支援が望まれます。
 
山形県発達障がい児等早期サポート事業による相談窓口(児童発達支援事業所4ヵ所に併設)
 発達の「気になる」お子さんについて、電話相談や親子通所による継続支援を行います。
  ころころ遊園
  TEL 0237-86-0160
  寒河江市南町3-3-31         
  子育てサポートセンター
  あおぞらはうす
  TEL 0233-23-1313  新庄市小田島町2-35
  NPO法人ゆにぷろ
  TEL 0238-52-5679
  東置賜郡高畠町大字高畠328-1
  育ちの広場そよ風
  TEL 0234-25-8380
   酒田市東町1-15-25 
  世代交流館1階
 
 
 
 
 
 
 
 
県立障がい児施設の療育相談窓口
 お子さんの発達についての相談や、親子通所による療育相談を行います。
 療育相談支援センター 陽だまり 
  TEL 0233-23-7567
  新庄市松本55-1 最上学園
 療育相談支援センター おあしす
  TEL 0238-88-9312
  長井市今泉1812やまなみ学園
 発達相談支援センター すてっぷ
  TEL 0234-75-3334
  遊佐町藤崎字茂森14-178
    鳥海学園
 
 
 
 
 

(2) 学齢期 (小学校~高校等) : 教育的支援

通っている学校
 全ての公立学校に「校内委員会」が設置され、特別支援コーディネーターが配置されています。
 「校内委員会」では、校医などの指導も得ながら、個別のニーズに応じた教育的支援を行います。
 
 地域教育相談窓口(月~水 9時~16時)があります。県教育センターのほか、県内4つの小学校内に設置されています。
  県教育センター内
  「にこにこ相談」(県内7ヵ所、年4回)も実施。
  TEL 023-654-6060
  東根市立東根小学校内
  TEL 0237-42-3669
  米沢市立万世小学校内
  TEL 0238-28-0280
  長井市立到芳小学校内
  TEL 0238-84-2002
  鶴岡市立朝暘第二小学校内
  TEL 0235-25-9460
 
 
 
 
 
(平成29年度4月現在)
 

(3) 成人期 : 就労・生活支援

 障がい者手帳などの障がい福祉制度や、障がい福祉サービスを利用する際の窓口です。
 
 就職を希望する障がい者、又は在職中の障がい者などが抱える課題に応じて、就業面及び生活面の一体的な支援を行います。 
 
 村山障害者就業・生活支援センター「ジョブサポート ぱる」 TEL 023-682-0210 山形市江俣1-9-26
 最上障害者就業・生活支援センター TEL 0233-23-4528 新庄市堀端町8-3
 置賜障害者就業・生活支援センター「サポートセンター おきたま」 TEL 0238-88-5357 長井市台町4-24
 庄内障害者就業・生活支援センター「サポートセンター かでる」 TEL 0234-24-1236 酒田市北新橋1-1-18

  (4) 専門機関・関係機関

 発達障がいについての相談窓口です。
 個別の相談支援活動(相談支援、発達支援、就労支援)を行うとともに、正しい理解や支援方法を広めるための研修会の企画運営、普及啓発活動を行っています。
 
児童相談所
  中央児童相談所(福祉相談センター)
  TEL 023-627-1195
  庄内児童相談所
  TEL 0235-22-0790
 
 
 
 
保健所など
  村山保健所
  TEL 023-627-1203
  最上保健所
  TEL 0233-29-1200
  置賜保健所
  TEL 0238-22-3205
  庄内保健所
  TEL 0235-66-5653
  精神保健福祉センター
  TEL 023-624-1217
 

 

 
 
 
 
◎医療機関の受診について
 まずは、上記の身近な相談窓口にご相談ください。
 「発達障がい」の診断には、多くの場合、医療機関内における問診や検査のみならず、本人の生育歴や養育環境、家庭や学校などにおける行動観察などの情報も必要となります。
 各々の相談窓口では、そのような情報を可能な限りお聞かせいただいたうえで、当面の日常生活における助言や支援の工夫などを行いながら、必要に応じて医療機関をご紹介します。
 その際は、相談窓口と医療機関とで必要な連携が取れるよう、情報提供などにご協力ください。
 
 ただし、「発達障がい」は、疾病などとは異なり、現在のところ医療により「治る」ということは困難と言われています。
 医療機関をご紹介する目的は、適切な診断を受けることにより、日常生活や学校生活などにおける適切な支援の手立てを見出すことです。(症状によっては薬物療法などが行われる場合もあります。)
 医療機関の診断や助言をもとに、ご本人やご家族と関係機関とが、その障がいの特性やご本人一人一人の個性に対して共通理解をもち、よりよい支援の手立てを一緒に考え、実践していくことが大切です。
  
 
◎専門的な療育や障がい福祉制度の利用について
 障がい児通所支援などの障がい児療育機関や、障がい福祉サービスを利用したいときには、各施設やお住まいの市町村に相談してみましょう。障がい者手帳の申請など福祉制度の窓口もお住まいの市町村となります。

 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 平成28年3月31日 更新

関連情報