ホーム > 補助・助成・融資 > くらし・住宅 > 「二級建築士及び木造建築士の懲戒処分並びに建築士事務所の監督処分の基準」の改正について

「二級建築士及び木造建築士の懲戒処分並びに建築士事務所の監督処分の基準」の改正について

「二級建築士及び木造建築士の懲戒処分並びに建築士事務所の監督処分の基準」の改正について

定期講習受講義務違反について、国土交通省住宅局建築指導課で策定している「一級建築士の懲戒処分の基準」が平成29年6月1日付けで改正、同年7月1日より施行され、「文書注意(行政指導)」→「戒告」→「業務停止」と段階的に処分するために必要な規定が整備されました。これを受け、山形県においても建築士業務の適正化を図るため、二級建築士及び木造建築士の懲戒処分並びに建築士事務所の監督処分の基準を改正しました。

 

 

新処分基準

 二級建築士及び木造建築士の懲戒処分並びに建築士事務所の監督処分の基準(PDFファイル 177KB)

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報