ホーム > 補助・助成・融資 > 教育・文化・スポーツ・NPO > 平成29年度やまがた若者チャレンジ応援事業 募集テーマの詳細

平成29年度やまがた若者チャレンジ応援事業 募集テーマの詳細

募集テーマの詳細(平成29年度) ※平成29年度の募集要項等についてはこちらから

若者グループが自ら企画し実行する地域の課題解決や地域の元気を創出するアイディアで、次の1、2のいずれかに該当するもの。

 1.一般型(申請者が設定するテーマ)

 地域の課題を解決する、又は地域の元気を創出し、地域や山形県全体の活性化につなげる事業

 2.県政課題対応型(県が設定するテーマ)

県が捉えている様々な地域課題について、若者自ら企画し実行解決することで、地域の元気を創出する事業
採択された場合、県の関係部局に団体及び企画提案内容を情報提供するとともに、採択事業の実施において、県の助言・指導・協力が必要な場合、担当課との関係構築を支援します
 

  

テーマ名(テーマ提案部課名)

 

1 雪国生活の利便性向上(企画振興部 市町村課) 

便利な雪かき道具や防寒グッズ、消融雪製品(技術)の研究・試作など、雪国の生活における利便性向上につながるような、高校生や学生、県内企業の若手社員グループ等による研究又は製品の試作等を行う事業

 

2  「やまがた」への移住交流(企画振興部 市町村課)

 

空き家等を活用した移住体験プログラムの実施や首都圏在住者と本県若者グループの交流事業、本県に移住された方(若者)同士のネットワークづくりなど、地元における移住(希望者)者の受入れ体制の構築を図り、県外に住む移住希望者の本県への移住交流の促進を目的とした事業

  

3 婚活応援・活動参加型交流(子育て推進部 子育て支援課)

結婚を希望する若者が参加しやすい婚活イベント(セミナー)や婚活支援ネットワークづくり、企業間で独身社員が参加しやすい異業種交流会支援、若者(独身男女)が参加するまちづくりや地域活動等による、新たな出会いの機会の拡大や結婚機運の醸成につなげる事業

 

4 子どもの貧困対策の推進(子育て推進部 子ども家庭課)

地域における空き店舗等の活用や教員OBや学生ボランティアグループとの連携など、様々な地域資源を活用して行う子どもに対する学習支援や子ども食堂等、貧困問題を抱える子どもに対する支援の「連鎖」を生み出す取組みを推進する事業

  

5 若者ボランティア実践(子育て推進部 若者支援・男女共同参画課)

ボランティアには興味があるが、実践する「きっかけ」をつかめない若者を対象に、勉強会の開催や地域貢献活動・実践活動の機会を提供し、ボランティアに積極的に参加する若者の育成、地域づくりにつなげる事業

 

6 山形ファン創出(子育て推進部 若者支援・男女共同参画課)

若者の視点から、山形ならではの郷土愛の醸成や山形暮らしというライフスタイルを提示し、新しい山形の良さを発見してもらうことで、より多くの学生に在学中から山形のファンとなってもらい、山形ファンの拡大につなげる事業

  

7 若者の自殺予防(健康福祉部 地域福祉推進課)

若者の自殺の現状を知り、いのちの大切さや周りの人に相談することの大切さを学ぶ機会を提供し、若者の視点を活かした自殺予防の取組みを企画、実施、発信することで、若者の自殺予防につなげる事業
  

8 若者健康づくり推進(健康福祉部 健康長寿推進課)

がん検診・食生活改善・受動喫煙防止等の健康づくりの分野において、若者自身が企画、実践、発信する事業を行い、同世代の健康づくりの機運の醸成、生涯を通じた健康づくりにつなげていく事業

 

9 障がい者との交流・理解促進(健康福祉部 障がい福祉課)

障がい者との交流や支援活動等を通じ、県民の障がい者への理解を深め、障がい者の社会参加を促進することで、障がいの有無にかかわらず誰もが互いに人格と個性を尊重し合い、共に生きる社会の実現につなげる事業

 

10 若手農業者の起業応援(農林水産部 農政企画課) 

農業分野における「売れる商品づくり」のため、若手農業者、食品製造業、流通販売事業者の若手社員等、様々な分野で活躍する若者が連携し、その感性やアイデア、情報発信力等を最大限生かした魅力的な商品づくり、新たなサービスの企画開発等の6次産業化にとどまらない多様な取組みを支援する事業

 

11 若者による家庭教育ポジティブキャンペーン(教育庁総務課)

若者が自分の経験を基に、主に同世代を対象とした家庭教育に対する周知啓発を夏季・冬季休暇期間や「やまがた教育の日(11月第2土曜日)」「やまがた教育月間(11月)」などに合わせて実施し、若者を含めた県民全体で「教育」を支える気運の醸成につながる事業

 

 なお、提案する事業が複数のテーマにまたがる場合、どのテーマで事業提案を行うかは、提案団体の判断にお任せします。

 また、テーマごとに採択枠等は設けておりません。

  

 

 

 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 平成29年3月17日 新規掲載(平成29年度募集開始に伴う補足説明)

関連情報