ホーム > 補助・助成・融資 > 商工業・観光・労働雇用 > 「山形県雇用対策協定」の締結について

「山形県雇用対策協定」の締結について

(1)「山形県雇用対策協定」について

 平成27年12月17日に山形県は山形労働局と「山形県雇用対策協定」を締結しました。

 雇用対策協定とは、「国と地方自治体が一体となって総合的に雇用対策に取り組むために地方自治体の首長と労働局長が締結する協定」です。

 

  雇用対策協定締結式写真  

 

(2)協定締結の目的

 本協定は「良質な雇用の創出、雇用の安定、必要な人材の確保・定着」を目的とし、以下の①~③により推進します。

 ① 県と国とが連携・協力して重点的に取り組む課題の明確化・認識を共有。

 ② 課題解決のため、県と国が連携して取り組む事項を明確化し、一体的に実施。

 ③ 県と国との間で総合的・体系的に連絡調整を行う枠組みを新たに構築(運営協議会の設置)。

 

(3)協定締結の効果

 ① これまで知事の意見を聞いて労働局が策定していた「雇用施策実施方針」に代わり、今後は県と労働局が共同で協定に基づく「事業計画」を策定します。このことで知事の意向がより反映されます。

 ② 協定により、知事と労働局長は必要な要請を相互に行うことができ、誠実に対応することになります。

 ③ 新たに「運営協議会」を設置し、県と国との間で日常的・継続的な連携を強化します。

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ