ホーム > 健康・福祉・子育て > 男女共同参画・若者支援・青少年 > ワーク・ライフ・バランス > ワーク・ライフ・バランス推進協定の締結について

ワーク・ライフ・バランス推進協定の締結について

 将来にわたり活力を維持していくためには、仕事・家庭・地域において県民の皆様一人ひとりが力を発揮できる環境づくりを行い、多分野で多様な人材を活かし、持続的発展につなげることが重要です。

 そのため、山形県では、「山形県ワーク・ライフ・バランス憲章」を制定して1年という節目を迎えるにあたり、「仕事と生活の調和の推進」について、労使・行政が一体となって取り組むため、平成21年12月21日(月)に、山形市内において、「ワーク・ライフ・バランス推進協定」を締結しました。

 この協定締結を機に、企業においてはワーク・ライフ・バランスをより一層推進するとともに、行政もその役割を果たし、官民一体となって、ワーク・ライフ・バランスの実現に向けた取組みを展開してまいりましょう。

概要

日時

平成21年12月21日(月)

協定締結者

  • 社団法人山形県経営者協会会長        相馬 健一 氏
  • 日本労働組合総連合会山形県連合会会長   大泉 敏男 氏
  • 山形労働局長                    田川 順一 氏
  • 山形県市長会会長  山形市長         市川 昭男 氏
  • 山形県町村会会長  小国町長         小野 精一 氏
  • 山形県知事                      吉村 美栄子

ワーク・ライフ・バランス推進協定書

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 平成27年1月20日 更新

関連情報