ホーム > 健康・福祉・子育て > 生活衛生・薬品・献血等 > 生活衛生 > HACCPによる衛生管理について

HACCPによる衛生管理について

 

HACCPによる衛生管理について

  

平成30年6月13日に食品衛生法が改正公布され、全ての食品等事業者が、原則としてHACCPに沿った衛生管理を実施することになりました。
(令和2年6月1日から施行されます。施行日から起算して1年間の経過措置があります。)
 

【HACCPとは?】

  • 衛生管理を「見える化」することです。
  • 普段行っている衛生管理の中で、「危険なところ」を見つけ出して、しっかり管理しましょう。
  • 衛生管理の計画を作成して、実行し、記録しましょう。
 

【HACCPのメリット】

  • 調理工程の中で管理するので、お客様に提供する前に食品の安全性が確認できます。
  • 管理した記録を残しているので、万が一クレームが発生したときに「原因究明」がしやすくなります。 
  

【講習会開催予定】

  県内で開催される「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理講習会」についてお知らせします。
 対象欄に業種が記載されているものは、各業種の手引書の具体的な活用法について解説します。
 県内のどの会場でも受講可能です。ご都合のよい日程でお受けください。
 

新型コロナウイルス感染症対策としての講習会の中止について

 

  新型コロナウイルスによる感染拡大を防止することが極めて重要な時期であることから、令和元年度に予定していた講習会を中止することとしました。
 令和2年度の実施予定につきましては、決まり次第お知らせいたします。
 感染拡大防止のため、ご理解・ご協力のほど、よろしくお願いいたします。 

令和2年2月28日

 
主催開催日時間開催場所対象開催案内等
食品安全衛生課(県庁)未定    
村山保健所未定    
最上保健所未定    
置賜保健所未定    
庄内保健所未定    
  
 ※食品安全衛生課主催の令和元年度の講習会は終了しました。
 

【参考資料】

● 飲食店営業、喫茶店営業の皆さんへ
 
● 食肉販売業、魚介類販売業、乳類販売業の皆さんへ 
 
 

HACCP導入型基準実施申出について

 
 

 

 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ