ホーム > 健康・福祉・子育て > 生活衛生・薬品・献血等 > 各種計画・指針・報告書等 > 山形県動物愛護管理推進計画について

山形県動物愛護管理推進計画について

 この計画は、平成17年6月に改正された「動物の愛護及び管理に関する法律」に基づき、国が定める「動物の愛護及び管理に関する施策を総合的に推進するための基本指針(平成18年10月環境省告示第140号)」に即し、平成26年3月「山形県動物愛護管理推進計画」を改定しました。 この計画は、平成26年度から平成35年度までの10年間の山形県における動物愛護管理行政の方向性を示すものです。計画の達成に向けて関係者、関係機関はじめ、県民の皆様の御理解、御協力を賜りますようお願いします。

  計画の詳細については、下記をご覧下さい。

 <関連リンク>

 「動物の愛護及び管理に関する施策を総合的に推進するための基本指針(平成18年10月環境省告示第140号)」

 

平成30年3月「山形県猫の適正飼養ガイドライン」を策定しました。

 このガイドラインは、山形県動物愛護推進計画に基づき、人と猫が共生していくための基本的なルールを示すことで、猫が好きな人や嫌いな人が、関心のない人など様々な考え方を持つ人がいる社会において、一定の共通認識、相互理解を持ってもらうことを目指して作成しました。

 このガイドラインを多くの人に御一読いただき、猫の適正飼養について理解を深め、猫の問題に対して住民・行政・動物愛護団体等が協働し、様々な問題を解決するための一助となることを願っています。

 

平成30年猫の適正飼養ガイドライン画像   

(PDF形式:1MB)      

    

平成29年度山形県動物愛護管理推進協議会を開催しました。 

平成29年度動物慰霊祭を開催しました

やむを得ない事情で処分された犬・猫の霊を弔い、また、家族の一員として飼い主の皆さんと共に暮らした犬・猫の霊を弔うため、平成29年10月30日に山形県動物指導センターで慰霊祭を開催しました。

 

平成29年度動物慰霊祭

 

動物を大切に終生飼養できるよう、「飼い主の皆様へ」も御確認お願いします。

山形県動物愛護推進員について

 県では、平成28年11月22日に山形県動物愛護推進員(以下、「推進員」という。)32名を委嘱しました。

 推進員は、動物愛護ボランティア、獣医師、動物取扱業者等の方で、村山地域15名、庄内地域7名、置賜地域7名、最上地域3名です。

 動物の愛護と適正な飼養の普及啓発を図るため、地域の実情にあったボランティア活動を実施していきますので、県民の皆様も活動に御理解と御協力を賜りますようお願い申し上げます。

平成29年度ペット防災セミナーを開催しました

 災害時の救護体制の整備に関し、ペットの飼い主等に対して、災害時に備えた対応の普及啓発を図るため、平成26年から毎年開催しておりますペット防災セミナーを平成29年12月12日に山形県自治会館で開催しました。

 災害時に被害を最小限に抑えるには平常時からの備えが欠かせません。飼い犬や飼い猫に迷子札やマイクロチップを装着し、備蓄品等を事前に用意しましょう。

 詳しくは、環境省パンフレット「備えよう!いつもいっしょにいたいから」(PDF:2.5MB)で御確認下さい。

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 30年3月20日

関連情報