ホーム > 健康・福祉・子育て > 生活衛生・薬品・献血等 > 薬局・医薬品 > 無承認無許可医薬品等にご注意ください

無承認無許可医薬品等にご注意ください

 

 

本県において平成26年12月に買上調査を行った製品の中から、違反製品(無承認無許可医薬品)が発見されました。

 

「無承認無許可医薬品」とは、医薬品ではないのに、医薬品のような効能・効果をうたって販売されている製品や、いわゆる健康食品に医薬品成分が含まれているものをいいます。

こうした製品は医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律に違反しているばかりか、品質・有効性・安全性の確認がなされたものでないため、使用することは大変危険です。

絶対に手を出さないでください。

厚生労働省などでは、無承認無許可医薬品やいわゆる健康食品、その他の製品による健康被害の事例を公表しています。海外で健康食品やサプリメントとして販売されている製品の情報も公表されていますので、詳しくは次のホームページをご覧ください。

 無承認無許可医薬品情報・健康被害事例等(厚生労働省ホームページに移動します)

 こんな製品に注意

口から摂取するもののほか、皮膚等に使用するものや、器具・器械のようなものにも注意してください。

人体への効能や効果を目的とするものは、医薬品や医療機器、医薬部外品、化粧品としての製造の許可や、それぞれの製品について承認や届出が必要です。

注意画像1  注意画像2

 個人輸入にも注意

海外からインターネット等を利用して医薬品や健康食品を取り寄せ(いわゆる個人輸入)、使用した場合にも、健康被害が発生した事例が数多く報告されています。これらの中には、医師や薬剤師の指導のもとで使用し、十分に注意しなければ危険な医薬品成分が含まれていることもありますので、安易な個人輸入による使用はしないでください。

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 2012-11-15 掲載
  • 2013-02-08 文面を刷新
  • 2013-04-23 組織改変に伴うリンク修正

関連情報