ホーム > 健康・福祉・子育て > 医療 > 病院・医療機関 > 山形県の周産期医療

山形県の周産期医療

 安心して出産できる環境づくりを目指し山形県の周産期医療体制の充実強化を進めていきます。

 

周産期医療とは…

「周産期」とは、妊娠満22週から赤ちゃんが生後7日未満までの期間をいいます。この時期は、妊婦さんやお母さん、それに赤ちゃんにとっても、思いもよらない出来事が生じやすい時期でもあります。そんな事態に備えて、産科・小児科が協力し合い、総合的な医療を提供することで母子の健康を守るのが「周産期医療」です。

 

出産を取り巻く状況

産科医の不足や現役医師の高齢化に伴い分娩取扱医療機関が減少する一方、出産年齢の高齢化などにより、リスクのある妊娠や低体重児の出生割合の増加など、適切な管理を必要とする出産が増えています。
このような状況の中、周産期医療に関わる関係機関相互の連携や高度な周産期医療体制の充実強化が重要となっています。
 

 

山形県の周産期医療体制について

本県には分娩のできる医療機関が27あり、周産期母子医療センター、地域の基幹病院、かかりつけ医がそれぞれの役割を担うとともに、救急医療機関、消防機関と連携した総合的な周産期医療体制(体制図)を構築しています。(※分娩医療機関数は平成26年4月現在)

 
○山形県の総合周産期母子医療センターと地域周産期母子医療センター 

名称

医療機関名

所在地

病床数

総合周産期母子医療センター

  山形県立中央病院

山形市青柳1800

MFICU 6床

NICU  9床

地域周産期母子医療センター

山形大学医学部附属病院

山形市飯田西2-2-2

NICU   6床

済生会山形済生病院

山形市沖町79-1

NICU  8床

鶴岡市立荘内病院

鶴岡市泉町4-20

NICU  6床

病床数合計

MFICU 6床、 NICU  29床

 ○指定(認定)日 平成22年4月1日

 

²    総合周産期母子医療センター・・・母体胎児集中治療管理室(MFICU)、新生児集中治療管理室(NICU)を備え、24時間体制でリスクの高い妊娠に対する医療、高度な新生児医療等の周産期医療を行う。

²    地域周産期母子医療センター・・・産科及び小児科を備え、24時間体制でNICUを含む新生児医療に対応するとともに、産科の周産期に係る比較的高度な医療を行う。

²    基幹病院・・・入院施設として産科・小児科をもち、比較的リスクの高い分娩に対応する。
²    かかりつけ医・・・妊婦健診や通常分娩等を扱い、妊婦の健康状態を管理する。  

 
 
 

「山形県周産期医療体制整備計画」の策定

  周産期医療体制の充実強化を図り、子どもを安心して生み育てられる環境づくりを進めるため、平成23年3月「山形県周産期医療体制整備計画」を策定しました。   

「山形県周産期医療体制整備計画」

 計画本文(PDF形式 486KB)  \  資料1(PDF形式 346KB)  \  資料2(PDF形式 262KB)

  概要版(PDF形式 486KB)

  
  ○山形県周産期医療協議会 

 

 

周産期医療機関の皆様へ

 県内の周産期医療機関で、迅速かつ円滑に患者情報を共有し、適切な医療の提供を行うことを目的として、母体搬送連絡票と新生児搬送連絡票を作成しました。 
 ダウンロードしてご活用ください。
 こちら⇒  母体搬送連絡票  /  新生児搬送連絡票
  ※取扱いについては、母体・新生児搬送連絡票取扱要領をご覧ください。  
 
 

妊婦さんや赤ちゃんを持つご家族の皆様へ

 ○妊娠が分かったら
   お住まいの市町村に妊娠届けを提出し、母子健康手帳をもらいましょう。
 手帳とともに妊婦健康診査受診票を交付しています。(平成26年4月現在)
 いつでも気軽に相談できるよう、かかりつけ医を持ちましょう。
定期的に健診を受診し、体調管理を行うことが、何よりお母さんや赤ちゃんに大切なことです。
 突然の出血や腹痛などが起こったら、まず、かかりつけ医に連絡しましょう。
 
 ○お役立ち情報
  ママの安心ナビゲーション
    妊娠中のプレママさん、育児真っ最中のお母さんはもちろん、家族みんなで「楽しめる」そして「役に立つ」、県の子育て支援サイトです。
      詳しくはこちら⇒ やまがたママの安心ナビゲーション 
   メール相談
    妊娠中の生活から出産後のことや赤ちゃんのこと、悩みや気がかりをメールで気軽に相談してみませんか?
       (ママナビから入れます。)
 

 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

更新情報

  • 平成22年4月19日 連絡搬送票の網掛けを外す。
  • 平成26年11月20日 周産期医療体制、専門部会委員の更新。

関連情報