ホーム > 健康・福祉・子育て > 医療 > 医療情報 > 脳脊髄液減少症について

脳脊髄液減少症について

  「脳脊髄液減少症」とは、脳脊髄液が漏れることにより、頭痛、頸部痛、めまいなどの様々な症状を引き起こす病気といわれています。
 

硬膜外自家血注入の保険適用

 脳脊髄液減少症の治療法のひとつとされている、硬膜外自家血注入(ブラッドパッチ療法)が、平成28年4月から保険適用となりました。

 関係学会が定める診断基準に基づき、「脳脊髄液漏出症」と診断された方を対象に、厚生労働大臣が定める施設基準に適合し、地方厚生局長等に届出をした保険医療機関で実施した場合、保険適用となります。

 

 山形県内で、届出を行った医療機関は、下記のとおりです。(平成28年9月1日現在)

 

 ○ 山形県立中央病院(山形市青柳1800番地)

    

    ※お願い

    1 受診にあたっては、必ず事前に病院にお問合せください。

       なお、ここに掲載されていない医療機関において、診療・相談ができない、と

      いうことではありません。

    2 治療法については、担当医師とよくご相談ください。(小児の場合、

      診断が難しいとされていますので、特にご留意ください)

 

 その他の情報

 
 厚生労働省ホームページ
  
 医師専門・脳脊髄液減少症データベースサイト
 脳脊髄バナー

 

 

 ※  リンク先の利用方法、注意事項をよくお読みになって、ご利用ください。また、当県ではリンク先の内容、及びそれらを利用したことにより生じるトラブル・損害などについて一切責任を負いません。

 

 

この記事に対するお問い合わせ

このページの先頭へ

ナビゲーション

関連情報